赤ワインエキスと葡萄果汁の比較、美白化粧水

subpage1

葡萄果汁に糖質やビタミンAとC、チアミンやリボフラビン、カルシウム、有効成分の「レスベラトロール」を含みます。化粧水に配合する場合はぶどうエキスと表記されやすいですが、どのような過程で得られたかは不明確です。

比較すると、単純に果汁を加えてエキスと称しているのか、加熱して煮詰めた液体か、濃縮還元して刺激成分を抜き出した物のどれかになります。
少量なら肌に付けてもかゆみの原因にはなりにくく、美白を促すのが強みです。
美白化粧水に天然成分を配合して効果を出す物が多いですが、比較的に化学物質で色白を促す成分は少なめとなります。

化粧水の比較の特別な情報を載せています。

また、近年では美白に効く成分は増えていますが、その中でもぶどうエキスは幅広い人に作用するのが特徴です。

しかし、「赤ワインエキス」の方が効果は高いと言えます。自然発酵させて有効成分を増やしますから、レスベラトロールやビタミンだけでなく、他の美容成分も発生するのがポイントです。



化粧水に加えると少しの防腐効果を与えながらも、美容効果を高めます。
赤ワインエキスは発酵されています。
他の有効成分や美白に効く成分の分子も小さくなっていますから、普通のぶどうエキスよりも吸収率が抜群です。



比較すれば赤ワインエキスを使った方が美白にも美容にも期待できると言えます。


また、エチルアルコールも発生しますから、適度に肌を殺菌させるのも強みです。


アクネ菌や肌を汚す雑菌の除去にも機能する、役立つ成分となります。