化粧水は比較してから使おう

subpage1

洗顔後の肌に付ける化粧水こそ比較してから使ってください。

化粧水の比較に関連した書きかけ項目です。

化粧品は全てをラインで使っている人が多いですが、必ずしもラインで使わなくて構いません。



洗顔後の最も乾燥している肌に付けるものこそ、自分の肌に合っていないといけません。

自分の肌の土台を作るので、じっくりと考えてから使いましょう。



成分を見てみると、違いがわかります。
パッケージにヒアルロン酸が入っている、プラセンタ配合などと書いてあるでしょう。有効成分も違いますが、その他の成分にも違いがあります。


まずは、自分の苦手な成分が入っていないことを確かめてください。


アルコールやパラベンに弱い敏感肌の人は、特に化粧水は比較しなくてはなりません。
洗顔後にたっぷり使うので、苦手な成分が入っていると、すぐに肌荒れしてしまいます。


だから、苦手な成分が入っていないことはとても重要です。


自分がこれまで肌荒れした化粧品の成分をよく見てください。


そして、自分の苦手な成分を突き止めて、それを避けるようにしましょう。

苦手な成分が入っていないことを基礎として、有効成分でなりたい肌を目指しましょう。


化粧水を比較してみると、エイジングケアができたり、美白えきたり、高保湿できるなど特徴があります。
若返りたい、美白したい、乾燥をなんとかしたいなど自分の肌を考えてみてください。


そうすれば、自ずと自分に必要な1本はどれなのかがわかり、使い続けていくうちに、肌の調子が変わっていくでしょう。